よくある質問 Q&A|不動産ならエムイーPLUS埼京

コンテンツ一覧
川口市のご紹介
『エムイーPLUS埼京をご覧の皆様へ』
不動産情報から希望に合った物件がきっと見つかる。埼玉・千葉・東京の不動産のことならエムイーPLUS埼京へ!不動産の購入物件の検索はもちろん、購入の流れやよくある質問などお客様のサポートを徹底しております!
あなたの理想の暮らしにぴったりの不動産を、ぜひご覧下さい。ご相談だけでもお気軽にどうぞ。不動産の情報が盛りだくさん。
    よくある質問 Q&A
お客様からよくいただくご質問を集めました。住まい探しのお役に立てば幸いです。

物件探しについて
Q1 新着物件は一日何件くらいありますか?
Q2 一日何件くらい売れていくのですか?
Q3 値下がり物件情報をいち早く知りたいのですが。
Q4 今すぐ物件を見られますか?
Q5 気になる情報がありますが建築中です。見学できますか?
Q6 たくさん物件を見たほうがいいですか?
Q7 一戸建て、マンションそれぞれの特徴を教えてください。
Q8 引越しシーズン(1〜3月)に探すのがベストですか?
Q9 入居を急いでいますがどれくらいで新居に住めますか?

ご購入について

Q10 住宅ローンの返済等の相談は可能ですか?
Q11 自己資金を貯めてからの購入が良いですか?
Q12 今はマイホームの買い時ですか?
Q13 家賃とローンどっちがお得?

ご売却について

Q14 不動産の売却を考えていますが、最初に何をすればよいのでしょうか?
Q15 家に住みながら売却することは可能ですか?
Q16 ご近所に知られたくないのですが、こっそり売ることはできるのでしょうか?
Q17 売却するときは査定価格で売らないといけないのですか?
Q18 売却のための広告費用などは、手数料とは別に払うのですか?
Q19 長く住んで家がかなり傷んでいますが、リフォームする必要があるでしょうか?
Q20 買い替え先が未完成で、先に住宅が売れた場合はどうしたらいいのでしょうか?
Q21 売却するときどんな費用が必要ですか?また、税金もかかりますか?


物件探しについて
Q1 新着物件は一日何件くらいありますか?
A1 当サイトの場合、一戸建て新着物件が一日平均50件〜70件になります。
それ以外にもマンションや土地、価格変更の物件を含めると、その数は数百件になります。
希望の物件がなくても会員登録し数日後ご覧になると新たな物件に出会えるカモ。
▲ページの先頭へ
Q2 一日何件くらい売れていくのですか?
A2 先ほどと全く同じ数と言ってもいいと思います。
新たな物件が出てもそれと同じ位の物件が売れており、多少の波はありますが物件在庫数はいつも変わりません。
気になった物件があれば早めにお問合せ、又はご見学の手配をしてください
▲ページの先頭へ
Q3 値下がり物件情報をいち早く知りたいのですが。
A3 会員登録していただければ、プライスダウン物件情報もご覧いただけますし、ホームページ登録前にお知らせすることも可能です。
▲ページの先頭へ
Q4 今すぐ物件を見られますか?
A4 はい、可能です。 ご覧になりたい物件が決まりましたらご連絡ください。
すぐに見られるよう準備手配致します。
ただし、中古住宅など所有者の方がお住まいになっている場合は調整が必要なことがあります。
▲ページの先頭へ
Q5 気になる情報がありますが建築中です。見学できますか?
A5 はい、出来ます。 とはいえ建築中ですから、まずは今の建築状況と周辺環境を見てください。
次に周辺で完成した別の建物をご覧いただき、完成時のイメージをつかんでください。
またプレゼンテーションをさせていただくことも可能です。
▲ページの先頭へ
Q6 たくさん物件を見たほうがいいですか?
A6 お客様の希望条件が揃っている物件、納得できる家と出会う事が大切です。
ただし、数をたくさん見れば良いかといえば、そんなこともありません。
たくさん見たことで満足や納得は得られますが、迷いや要望が大きくなり購入が難しくなるお客様もいます。
大切な事は自分の希望にかなった家かどうかです。
▲ページの先頭へ
Q7 一戸建て、マンションそれぞれの特徴を教えてください。
A7 一戸建ての場合は壁で仕切ってあるだけのマンションとは違い、上下左右の音が気にならない、または気にせず暮らせること。
更に、増改築・建替え等はいつでも自分の意思だけで可能です。
また、庭でガーデニングやバーベキューも楽しめ、駐車スペースもあり自分の敷地内であれば何でも可能です。
やはり一戸建てを望む方は多くいらっしゃいます。
マンションの場合は駅に近い物件も多く利便性を追求できます。
また、庭などの手入れも管理人等が行う場合が多いので、一戸建てと比べると管理が楽なのが特徴です。
最近のマンションでは、スーパー併設やキッズルーム、スカイラウンジ、プールなどの豪華施設付等も出始めてきました。
しかし、管理費や積立金、駐車スペースなどの維持管理費用が月3〜6万円もかかるマンションもあり、これらを懸念される方は依然多くいらっしゃいます。
▲ページの先頭へ
Q8 引越しシーズン(1〜3月)に探すのがベストですか?
A8 いえいえ、そんなことは全くありません。引越しシーズンまで物件を保有し、その時期に売りに出す会社などありません。
よって、いつ探していただいてもお客様にベストな物を紹介させていただきます。
「思い立った時がベストな時期」です。
▲ページの先頭へ
Q9 入居を急いでいますがどれくらいで新居に住めますか?
A9 新築完成物件を現金で購入する場合は10日ほどでお引渡し可能です。
しかし、ほとんどの方が住宅ローンを組んで購入されていますので、最短で3週間〜1ヶ月位かかります。
また、中古住宅で所有者の方がお住まいになっている場合は、相談で決めることになります。
▲ページの先頭へ
ご購入について
Q10 住宅ローンの返済等の相談は可能ですか?
A10 もちろん可能です。
当店にはローンアドバイザーが常時待機しております。いつでもご来店ください。
▲ページの先頭へ
Q11 自己資金を貯めてからの購入が良いですか?
A11 自己資金を貯めている間に金利が上昇してしまうと、借入金額が大きいだけに支払額が多くなってしまいます。
資金を貯めて借入金額を減らす考えもありますが、貯めている間の金利の上昇や家賃の支払いを考えると、早期購入を今はお勧めします。
▲ページの先頭へ
Q12 今はマイホームの買い時ですか?
A12 マイホームの購入には住宅ローンをご利用される方が多いと思いますが、仮に金利2%(35年返済)の時に3,000万円の住宅ローンを借りた場合と、金利3%(35年返済)の時では総支払額が約670万円も違ってきます。
さらに住宅ローン控除も考えると、さらにお得になると思います。
金利が上昇傾向にある昨今を考えると「買い時」だといえると思います。
▲ページの先頭へ
Q13 家賃とローンどっちがお得?
A13 「住宅ローンは借金」ですが、「家は財産」です。
一方、家賃は借金ではありませんが、財産でもありません。
仮に家賃10万円を35年支払い続けた場合、総支払額は4,200万円になります。
逆に3,000万円のマイホームを購入しても月々の支払は10万円以下になります(金利2%35年返済)。購入の場合は35年後に支払は終わりますが、家賃は住み続ける限り支払わなければなりません。
▲ページの先頭へ
ご売却について
Q14 不動産の売却を考えていますが、最初に何をすればよいのでしょうか?
A14 まずは不動産の査定を行うことをお勧めします。
査定とは、その不動産がいくら位の金額で売れるのか売却予想価格を調べることです。
当店では、メールでご依頼いただける無料査定サービスを行っております。
お気軽にお申し込みください。
▲ページの先頭へ
Q15 家に住みながら売却することは可能ですか?
A15 それはもちろん可能です。
売却を希望されるほとんどのお客さまは、住みながら売却を進めていらっしゃいます。
この場合、購入希望者がいらっしゃれば事前にご連絡の上でお住まいをご案内させていただくことがございますので、その際にはご協力をお願いします。
▲ページの先頭へ
Q16 ご近所に知られたくないのですが、こっそり売ることはできるのでしょうか?
A16 もちろん可能です。その場合は近隣へのチラシ広告などを行なわずに、購入を希望しているお客様の中から、条件の合う方にご紹介するなどのサポートを行ないます。また、インターネットでの広告は興味のある方が見る媒体ですので、ご近所の方に知られにくいという特徴があります。インターネット広告を重視した販売活動を行なう等の、お客様のご事情に合わせた売却活動をいたしますのでご安心ください。
▲ページの先頭へ
Q17 売却するときは査定価格で売らないといけないのですか?
A17 必ずしも査定価格である必要はありません。
しかし、お客様にご提示した査定価格は不動産のプロとして客観的に物件を評価し、周辺の相場や長年蓄えたノウハウをもとに「この価格なら売れるだろう」と思われる適正価格を算出したものです。
査定価格を大きく上回る金額で売りに出されると、売れるまでに長い期間を要したり、結局査定金額を下回る額でしか売れなかったというケースもございます。
売りに出される金額は、営業スタッフとよく相談して決定されることをお勧めします。
▲ページの先頭へ
Q18 売却のための広告費用などは、手数料とは別に払うのですか?
A18 原則的には、お支払いいただく必要はありません。
ただし、お客様のご要望により特別な広告を実施する場合等は、実費をご負担いただく場合もございます。
その際は、あらかじめ担当者からご説明させていただきますのでご安心ください。
▲ページの先頭へ
Q19 長く住んで家がかなり傷んでいますが、リフォームする必要があるでしょうか?
A19 一般には、リフォームの必要はありません。
ただし、リフォームを行ない買主への印象を良くすることで早期の売却が実現することもありますので、営業スタッフと十分に相談してみてください。
▲ページの先頭へ
Q20 買い替え先が未完成で、先に住宅が売れた場合はどうしたらいいのでしょうか?
A20 仮住まいが必要なケースや、買主様に引渡しをお待ちいただくケースなどもあり、一概に申し上げることはできません。
住まいの買い替えは、スケジュールの調整がとても重要ですので、事前に営業スタッフと十分にお打ち合わせください。
▲ページの先頭へ
Q21 売却するときどんな費用が必要ですか?また、税金もかかりますか?
A21 売却費用として「仲介手数料」や「抵当権抹消費用」「契約印紙代」等がかかります。
また、売却によって利益が出ると「譲渡所得税」「住民税」がかかります。(特別控除が受けられる場合があります)
▲ページの先頭へ